女性たちの保険事情 独身女性、既婚女性の保険の活用法や疑問あれこれ解決します

結婚している女性に必要な保険って?

保険は自分の万が一の時に自分と家族のために大きな助けをくれるものですが薦められるままに加入してしまい、実際のところ自分の加入している保険にはどういうメリットとデメリットがあるのかをきちんと把握できていないという人は少なくありません。

女性には男性とは違う内容のものに加入することが望ましいと言われています。
それは、毎日会社に行き、仕事をして一家の大黒柱としてお金を稼ぐ男性とは違い、女性の場合には専業主婦やパートやアルバイトとして仕事をしている人が多いことが理由です。
男性に対する補償は死亡時や入院時どちらもしっかりとしたものではないと妻子の将来に大きな不都合が出てきてしまう可能性があるため、まずは一家の大黒柱たる男性の万が一の場合の補償をしっかりとしたものにすることが重要になります。
金銭的な面で言うと、万が一妻がなくなったとしても夫の収入がしっかりとしていれば多少の不便は生じてしまうかもしれませんが収入は大きく変化することはまずないと言えるため、死亡保障は少額のもので構わないと言われています。

子供が就学前や小学生などまだ親の手が必要な場合にはベビーシッターを頼んだり、私立や無認可の保育園などに通わせることになると費用が高額になってしまいます。
万が一母親の入院となれば入院費用プラスそれらの料金がかかってしまうため、病気の際の医療保障の方を手厚い保険を選んだ方が、金銭的な面での不安は少なくなると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です