女性たちの保険事情 独身女性、既婚女性の保険の活用法や疑問あれこれ解決します

女性専用の保険は必要か

ケガや病気になった時保証金は誰もが助かるシステムですが女性専用の保険は特別必要なものかどうか判断に困るものです。
多数ある保険会社には女の人がかかりやすい病気に対する保証をメインに設けている会社も多く、それぞれ入院や治療の保証制度や生存給付金をアピールしている会社もあります。
ですが、通常の保険でも女の人がかかりやすい病気に対しての保証はできます。
保証される金額の差は多少ありますが、その分払う金額が違うだけです。
帝王切開などに対する保証も十分受けられます。

性別によって罹患する病気は異なることもありますが、例えば子宮筋腫や乳がんに対しての医療費が極端に高額になる訳ではありません。
また3年に一度など、生存給付金がもらえる制度は自分が支払ったお金が戻ってくる仕組みであり、しかも支払う金額は高くなります。
それでも貯蓄だと割り切って納得ができる人には向いているかもしれません、身内の中で女性特有の病気にかかった人が多くて不安だと言う人にも合っているでしょう。
その他身だしなみなどを気にしがちな女の人は個室を望むかもしれませんが、個室にかかる費用も入院給付金が1万円のプランを選べば個室代のカバーが可能になります。

このように性別ゆえにかかる病気は確かに存在しますが、女性だからという理由での保障の差別はまったくありません。
様々な保証プランがありますが、自分に一番合うものを一度比較検討しても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です